地域戦略ラボ

地域経済や地域マネジメントに関していろいろな事を考えていきます。

産業政策における地域の重要性

ヨーロッパ(特にイギリス)では産業と地域の活性化を”レベルアップ”というコンセプトで展開しています。それを産業政策の地域的展開と捉えています。従来の地域産業政策であると、地場産業やローテク産業などが含まれますが、国の産業政策としてハイテク産業や新規産業を育成するためには、イノベーションを生み出す地域の集積の構築が重要だとしています。EUのスマートスペシャリゼーション戦略も同様の考え方です。

 

 イギリスの産業戦略委員会では産業政策を展開するために、地域をレベルアップさせることが必要であり、その場合の6つの基礎となる要素を掲げています。その6つの要素について以下に示します。

 

投資の規模と持続性

持続的で大規模な公共投資は、民間投資の増加につながる。経済政策の方向性は、地方や国の政治の変化にかかわらず、一貫している必要があります。


コラボレーション

中央政府、地方政府、企業、住民が建設的な関係を築くことで、その場所に特化した支援策を見つけ出し、効果的に実施することができます。


住むのに魅力的な場所

芸術、文化、レクリエーション、観光は、直接的な収入だけでなく、その土地のイメージを再構築することによっても、平準化に重要な役割を果たします。高い生活水準は、住みやすい場所を求める若いプロフェッショナルを惹きつけます。


大学とイノベーション

地域と大学のコラボレーションは、政策の改善や経済成長の促進に役立ちます。大学は政府や民間の資金を集め、イノベーションを促進します。


交通・デジタルインフラ

交通・デジタルインフラは、企業や住民に接続性の基盤を提供します。優れたインフラは新たな投資を呼び込み、その結果、新たな雇用機会を創出します。


スキルと将来の分野

成功している地域は、過去の強みを活かし、将来に向けて継続的に適応していくことに重点を置いています。経済的成功は、スキルへの投資と既存の労働力の維持と密接に関連しています。