Think Region

生き物のように成長したり、衰退したりする地域経済について考えています。

松山市(愛媛県)の起業、比較的盛んなようですが…

日経新聞がまとめた分析で、愛媛県が若者における起業の比率が高いランク1位だった。

あなたの県の「稼ぐ力」は データで探る地域と産業:日本経済新聞

 廃業が多い世の中、新しい企業ができていくことはとても重要なことである。

新聞では記述されていないが、愛媛県特に松山市の起業は、飲食などの店舗系の起業が多いそうである。人口が50万人と比較的大きな市場があり、賃料が比較的安いため店舗を出しやすいことが理由として挙げられる。確かに、新しい店ができて商店街が活性化するのはいいことである。

しかし、飲食などは非基盤産業であり、地域外から外貨を稼いでくる業種ではない。地域の発展を考えるのであれば、基盤産業で地域経済を牽引するような企業が現れることが望まれる。